本文へスキップ

Welcome to Aichi food hygiene assoiation Tahara

TEL. 0531-22-1755


検査HEADLINE

◆ 検便

    食品衛生法により食品関係従事者には、年2回以上の検便(赤痢、サルモネラ等の
    検査)が義務づけられています。
    パートやアルバイトを含め食品関係従事者の方は皆さん必ず実施してください。

    食品衛生協会では、春と秋の2回の一斉受付の案内や出張受付をしています。

              
  令和元度 検便実施日程 
     
      春の検便 
        
 
  月 日  場 所   受付時間
6月10日
(月) 
田原福祉センター内
     (赤石2-2)
豊川保健所田原保健分室内
 午前10時〜正午
 午後13時〜15時
6月11日
(火)
 田原福祉センター内
    (赤石2-2)
豊川保健所田原保健分室内
 午前10時〜正午
 午後13時〜15時
 6月18日
(火) 
 福江市民館裏 駐車場
 (中紺屋瀬古)
午前10時〜正午  
 田原市役所赤羽根市民センター  午前10時半
   〜11時半
 6月19日
(水) 
 福江市民館裏 駐車場
  (中紺屋瀬古)
午後10時〜正午 
 田原市役所赤羽根市民センター 午前10時半
    〜11時半 
 
    ※予備日 7月8日(月) 田原福祉センター豊川保健所田原保健分室内 
         受付時間:午前9時〜午前11時30分
  
    検便料金について

 
   検査項目  会 員  会員外
 検便  赤痢・サルモネラ  510円  580円
 赤痢・サルモネラ・O157  880円 950円
 
   
   食品衛生協会田原支部では 会員の方のみに補助として一回の検便について10円
   を負担しております。
   本来、520円・890円の検査料金を510円・880円で受付をしております。

    ピロリ菌検査について
       ピロリ菌は胃の粘膜に生息している菌です。
       検便でピロリ菌の有無を調べることができるようになりました。
       通常の検便検査時(赤痢菌・サルモネラ・O157等)で一緒にできます。       
     
       ピロリ菌検査を希望される方は 事務局までお問い合わせください。

    ノロウィルス検査について

       近年、ノロウイルスによる食中毒・感染症が増えています。
       調理従事者は菌・ウイルスを「持ち込まない」「拡げない」が重要となり 
       健康管理をすることは個人・組織の責務となります。
       検査方法は、ELISA(エライザ)法とPCR法の2種類があります。

       詳細についてはお問い合わせください。   

        料金  1検体
         ELISA(エライザ)法
             会員 3,500円  一般 4,000円
         PCR法 
             会員10,000円  一般13,000円

食品自主検査

    「菓子、弁当、そうざい、めん類などの保存温度と経時変化に伴う
     細菌検査を実施する」

   ● 度 食品自主検査のお知らせ
           
     日程 令和元年5月20日(月) 

     時間 午前11時までに、愛知県食品衛生協会田原支部へ提出してください。
     採取量 1検体100g度 
     検査項目 一般細菌・大腸菌・黄色ブドウ球菌

    ※検査を希望される方は 事務局までお問い合わせください。
     随時 受付可能
         (0531−22−1755)
    

ふき取り検査

   ● 令和元年度 ふきとり検査 
     「自主衛生管理のため、ふきん、まな板、調理台、手指及び落下細菌などの
     検査を実施する」
      実施日:令和元年 7月9日・10日
      対象地区:渥美地区・赤羽根地区
                (電話 0531−22−1755)

バナースペース

Aichi food hygiene association Tahara

〒441‐3422
愛知県田原市赤石2丁目2

TEL 0531-22-1755
FAX 0531-22-1755
syoku-tahara@trad.ocn.ne.jp